» トラブルのブログ記事

オートキャンプ場自体の問題

| トラブル |

接客態度が悪い店であったり、サービスが行き届いてない店には不愉快になるお客さんも多く、その結果もう2度と来ないという形でフェードアウトしたりクレームをつけることがあります。

言いがかりとも呼べるクレームをつけることはお門違いですが、お店のほうに過失があった場合にはその場できちんとクレームをつけたほうが改善点になります。

オートキャンプにおけるトラブルの中では、キャンプ場のほうに問題があってトラブルにつながるケースもあります。

たとえば予約をしたはずだし、きちんとメモをして確認をした。しかし当日予約がされていなかったと言うことがあれば、キャンプ場の接客態度が悪すぎて大喧嘩になることもあります。

それから常連客が我が物顔で騒ぎ立てることがあったり、看板や案内に書いていないような意味のわからないマナーやルールを押し付けてくることもあります。

こうしたトラブルはありえることですし、こうしたことでそう言ったキャンプ場の悪評がインターネットのブログや口コミで広がり、結果としてお客さんが離れていくことになりますので、逆に考えて事前にこうした評判をチェックすることによって、問題のあるオートキャンプ場を避けることも出来ると言うことです。

騒音について

| トラブル |

公共の施設においては大抵の場合においてそうですが、騒音の問題が持ち上がってきます。

レストランしかり浴場しかり、ホテルしかりなどといったところにおいて大声を出しすぎたり騒ぎすぎたりすることは御法度であるとも言えます。

人に迷惑がかからないような場所、周りに人がいない場所などであれば騒いでもOKというところも存在しますし、ホテルや旅館などでは限度を超えない限りは部屋の中で騒ぐのも認められていることがあります。
ただしくどいようですがあくまでも騒ぎすぎはNGですし、そうしたところからトラブルになることは十分にあります。

オートキャンプにおいてもこの理論は同じですが、なにぶん野外での活動になるために騒ぎたくなる気持ちが大きくなりがちです。
しかしキャンプ場はあくまでも公共の施設であるために、昼間に騒ぐのは構わないとしても夜、近くのテントで寝ている人などが居るのに大声を出したり音楽をかけっぱなしにしたりするのはこれもNGです。

これは普通のキャンプでもオートキャンプでもまったく同じことですし、人として最低限のマナーでもありますので騒音に関しては特に気をつけると言う形で守らなければいけませんので注意が必要になります。

ゴミの問題

| トラブル |

公園や道端などでは良くゴミがポイ捨てされているのを見ることがありますが、これは人間としてのマナーではNGです。

「ゴミはゴミ箱に」と言う表示を見かけることが出来ますので、それが読めてないと言うことになってしまい後ろ指を差されかねない事になってしまいます。

道端や公園のポイ捨てされているゴミもそうですが、オートキャンプを始めとした野外活動においてはにおいては特に大量のゴミが出る方向にあります。

キャンプはテントを張ったりバーベキューをしたり釣りをしたりと言うことで、食べ物の容器だったり飲み物が入っていたペットボトル、釣りの餌が入っていた袋、バーベキューの炭の残骸などの特徴的なゴミが目立ちます。

そのゴミを片付けずに放置したまま寝てしまった結果、ゴミが寝ている間に風で飛ばされてしまい、他の人の区画に被害が出てしまってそこからトラブルになるケースも存在します。

これらを防止するためには言うまでも無く、出たゴミは大きなゴミ袋にまとめて1箇所に纏めておく、ゴミが飛ばない工夫をする、なるべくゴミを出さないように持っていくものは最小限にしておくと言うことを対策として取り、気持ちよくオートキャンプ場を使うようにしましょう。

場所取り

| トラブル |

たとえばお花見などでもそうですが、場所取りのトラブルは良く聞くトラブルのひとつになります。

場所取りは自分の領地を確保すると言うことになりますから、いわば一種の戦争でもあります。

人が少ないキャンプ場や公園などであればこの問題に関しては考える必要がありませんが、そうでは無い場合の人が多すぎると言うことであったり、人数が多いと言うことになれば場所取りを事前にしておかなければならないことがあります。

前述の通りその場合には一種の戦争であるとも言えますから、大勢のお客さんが良い場所を取ろうとしてきます。
そうするとまず時間としては早い者勝ちになりますが、その早い者勝ちを狙ってくる人は大体同じことを考えているので数も多くなります。

特にオートキャンプの場合ではキャンピングカーやミニバンといった大きな車が活躍するキャンプになるので、駐車スペースの確保もキモになってきます。
しかしこれらを回避するテクニックがありまして、予約を事前にしておくだけで良いのです。

予約をすることで無効がスペースを確保してくれますので、こうしたトラブルを避けたいのであれば事前にキャンプ場に連絡して場所の予約をしておくとトラブル回避につながります。

オートキャンプでのトラブル

| トラブル |

人生にトラブルはつき物ですし、人間がトラブルに巻き込まれないことは絶対にありえません。

そんな人生の中で何回もトラブルはあるわけですが、オートキャンプにおけるトラブルと言うものには一体どんなものがあるのでしょうか。

オートキャンプは名前の通り自動車を使ったキャンプですが、内容自体は一般のキャンプとほとんど変わらず、使う自動車がキャンピングカーであったりトレーラーであったりと言うことの違いだけになります。

よって、このオートキャンプのマナーはまず普通のキャンプとあまり変わらないと言うことを頭に入れて置けば良いのです。

そしてそれを含めてキャンピングカーを置く駐車スペースの問題や場所取りのトラブルが絡んでくることになります。

キャンプと言えば食事の時にバーベキューをしたりと言った、普段ではゴミが多く出るのでやることが無いような食事をすることが多いですが、こうしたゴミの処理に関してのトラブルがまず目立ちます。

それからキャンプ場は自分達以外にも利用者が居る共同施設であるがゆえに、騒ぎすぎた結果として騒音を発生させているので、それが原因としてトラブルになることもあります。

このように普通のキャンプと同じようなトラブルがオートキャンプでも良くあるのです。