» 方法のブログ記事

持ち物について

| 方法 |

オートキャンプでも普通のキャンプでも持ち物は同じキャンプでありますから基本的には変わりません。
持ち物はどちらともアウトドア用品が中心となります。

キャンプと言えば日帰りのキャンプもありますが、大抵が1泊2日だったり2泊3日であったりと言う宿泊を前提としたプランで日程を組む事が多いので、宿泊に関して食事に使う食材の量であったり持ち物も合わせていかなければなりません。

主な持ち物はまず宿泊用のテント、それから食材、飲み物がまず必要です。次に移動用のワンボックスであったりミニバンであったりと言った大きな車も一種の持ち物としてオートキャンプには必要です。

またロープがあれば、ピンと張っておけば物干し竿の代わりになりますし、それに加えてハンガーがあればなおOKであると言えます。

それから新聞紙があれば火をつけるための着火材だったり汚れを拭き取ることにも使えるものとして活躍しますし、バーベキューをするならバーベキューコンロが要りますが、火を直接地面で燃やすことが出来ない場合には日を使うために台としても利用出来ます。

後は飲み物を保存しておくためのクーラーボックスやペットボトル、怪我をしたときなどの救急セットなどもあると良いでしょう。

ルールとマナーについて

| 方法 |

世の中にはさまざまなルールとマナーが存在していますが、そのルールとマナーに従えない人はつまみ出されて当然と言うのが世界における一般的な風潮であります。

なぜなら安全や安心にかかわることですから、この2つをしっかりと守ることが人生を楽しく生きるためのコツになります。

それは野外活動でももちろん適用されますが、特に公共施設では気をつけなければいけません。

そのひとつがキャンプであり、自動車を使ったオートキャンプでは大きなキャンプ場へと出向きます。

そこでは広いがゆえに大きな声で騒ぎたくなる気持ちも十分にわかりますが、時と場所を考えなければトラブルの元になってしまいます。
まずは公共の施設でありますからガイドに従って、そのキャンプ場における規則をしっかり確認しましょう。

ゴミを散らかしてはいけないのは共通事項ですし、夜に大きな声を出したり爆音で音楽をかけるのもやってはいけないことになります。

また釣りや遊泳が禁止されている川もありますから泳いではいけませんし、実際に無視して泳いだ結果流されてしまった人も居ます。

このようにキャンプにおけるルールとマナーは命にかかわることも十分にあることを覚えておかなければいけません。

費用について

| 方法 |

野外活動となれば大抵の場合においてお金を使うことになります。

オートキャンプにしてもそれは変わりませんが、どれくらいの費用がかかるのかをまずは大体で良いので計算することが重要です。

それから予想外の事態が起こったときに予備のお金も持っていくことをおすすめします。

費用としてはピンキリですが、行くキャンプ場の利用料金であったり宿泊する日程、食材、キャンプ用品、キャンプに行く人数、車のガソリン代などと言ったさまざまなものが重なり合って決まります。
なので一概にこれくらいの費用がかかるとは言い切れないのが難点であり、その辺りは自分でしっかりと考えることになります。

そうすることである程度の費用の問題は回避することが可能になります。

もともとはキャンピングカーやキャンピングトレーラーを使ったキャンプと言うのがオートキャンプと言う言葉の意味でしたが、実際にキャンピングカーをもっている人は少ないほうですし、ミニバンや大き目のワゴンでも十分に代用出来ますので、わざわざキャンピングカーやトレーラーを買う必要はありません。

そこで費用を削減することが出来ますし、それ以外でもキャンプ用品は安いものでも対応出来ますので費用の節約になります。

オートキャンプのやり方

| 方法 |

a1180_002657

 

自動車を使ったキャンプとして有名なオートキャンプですが、どうやれば良いのかがわからない、何を用意すれば良いのか不安であると言う人にとっては用意の段階から戸惑うことになります。しかし恐れる事は微塵もありません。

なぜならオートキャンプは自動車を使うキャンプと言うだけでありますから、中身自体は至って普通のキャンプでもあります。

普通のキャンプであれば今インドアであっても子どもの頃に経験したと言う人が多いので、それの記憶を思い起こして用意をしたり、現在ではインターネットのキャンパーが作ったサイトであったり、書店で売られているようなガイドブックであったりと初心者にも優しく解説してくれる媒体が多数存在しているので、必要であればそれらを準備して置き役に立てましょう。

キャンプ場までのルートを地図で調べたり、そこまでにガソリンをどれくらい使うのか、用意するものはどれくらいの寮になったり費用がかかるのかと言う費用や日時の問題は続々と浮上してきますから、それらもしっかりと調べておいて不安のないように準備するのがコツであります。

そうすることで当日に楽しくオートキャンプが出来ると言う結果として表れることになります。