» 車内泊のブログ記事

お湯

| 車内泊 |

自家用車でキャンプや旅行に行き、泊まりは車の中で車内泊ということも珍しい事ではありません。そうすることによって宿泊費もかからないですし、ホテルの様に堅苦しい空気もなく、ある意味開放的であるともいえます。ただ、快適さに限っては圧倒的に劣る事は間違いないです。せめて少しでも快適に過ごす事が出来る様に工夫していく事が大切で、その為の便利なグッズも様々な物が販売されています。

 

快適に寝られる寝具から、車の中が便利になる家電まで色々あります。車内泊の目的は睡眠をとる事なので、寝具を用意しておく事は一番大切ですが、その他の道具を常備しておくのも良いと思います。旅行の宿泊が目的であれば必要ないかもしれませんが、キャンプなどアウトドアが目的となると便利なグッズは必要になってくると思います。

 

その中でも電気でお湯を沸かす湯沸かし器はあると非常に便利なのではないかと思います。その他にも長時間に渡るドライブなどにも車内で即席麺やお茶を飲む事も出来ますし、これもまた快適に過ごす為にはあっても良いグッズだと思います。このようにちょっとした便利な物を揃えていく事によって車内の、そして車内泊の際に役立つのではないかと思います。

 

 

 

 

 

クッション

| 車内泊 |

車の中に毛布やタオルを置いているというのは結構見た事がありますが、ちょうどいいサイズのクッションを置いている事はあんまり見た事がありません。普通に車を使っているだけでしたらまずクッションなんて使う事はありませんが、車内泊をする際などには意外とあったら快適に感じる事があります。

 

車内泊は宿泊費などがかからない分、普通の布団で睡眠を取るのとは違って快適さにかけるのが欠点の一つだと思います。しかしこの欠点はいつもの睡眠とまではいきませんが、やり方一つで十分に改善する事が出来ます。その一つとして車の中にちょっとしたクッションを置いておくのも意外と便利で良いと思います。車の中で睡眠を取るとなると大抵の場合はシートを倒して横になるのがメインだと思います。

 

しかしシートを少しだけ浅く倒せば枕は必要ないのではと思いますが、それでも枕の有無で全く快適さが違う事もあります。それに便利グッズとして首に巻く様な形の枕も販売されていてちょっとした仮眠には非常に便利になる枕もあります。そんなに車の中で睡眠を取る事が無いという方には必要ないかもしれませんが、意外と頻繁に車内泊する方には、こういった快適に寝られるグッズを車の中に常備しておくのも良いかもしれません。

 

 

 

寝具

| 車内泊 |

a1180_008066

 

旅行の宿泊費を浮かす為にも便利な「車内泊」ですが、布団で睡眠を取るのとは違って圧倒的に不自由で快適なものではありません。ただ、その快適さや不自由さは車の中の環境や便利な物を用意するだけで全く別物の快適で便利な空間にする事も出来ると思います。車内泊で大切な事と言えばまずは快適に睡眠を取る事です。

 

当然睡眠以外にも必要な事はありますが、車内泊の目的は睡眠をとる事なので、とりあえず快適な睡眠を出来る様に環境そして物を用意する事は非常に大切になります。睡眠を取る環境は車種や大きさによって異なってきますが、大抵の場合はシートを倒しての睡眠か後部座席での睡眠がメインなのではないでしょうか。寝る環境はそういった事がほとんどなので、次に必要なのは快適に睡眠を取る為の寝具です。

 

寝具は毛布だけで済ます方もいらっしゃると思いますが、毛布一枚では冬場は相当辛いと思います。なので、季節関係なく便利に活用出来る寝袋を一つでも車に常備しておくと良いと思います。寝袋一枚でも冬はさすがに厳しいかもしれませんので、それに毛布やマットレスなどを合わせて利用して防寒そして楽な姿勢に慣れる様に工夫する事は車内泊には必要だと思います。

 

 

 

 

 

場所

| 車内泊 |

ちょっとした旅行の宿泊費を浮かすことの出来る「車内泊」は快適さを気にしなければ時間に縛られる事もありませんし、自由といえば自由な宿泊のスタイルといえると思います。ただしっかりとした布団で寝るのと違って身体も痛くなりますし、寝返りもうてず、なかなか疲れが取れない事も少なくないのですが、どのような結果になるかは工夫一つで変える事ができると思います。

 

工夫としてはまず便利なものを用意しておくという事です。今では車内泊に便利に使えるものが販売されているくらいですので、旅行を車で宿泊する予定でしたら便利グッズを用意するのも良いと思います。しかしいくら快適な車内泊の環境を整えたとしても車自体を置いといてはいけない所もあるので、車の止める場所を多少は選ばなくてはならないのは当然の事です。そういった場所を調べる為にも地図やスマートフォンはあると便利です。

 

車内泊の為に止める場所として安心出来る所はまず高速道路のサービスエリアはほぼ問題ないと考えていいと思います。しかし高速道路を利用しなければ入る事が出来ないので、他にはキャンプ場や海辺の近くも結構止めている方が多いですね。コンビニの駐車場などは場合によっては注意される事もあるので遠慮した方がいいかもしれません。車内泊をする場所を選ぶ際は比較的迷惑のかからない場所を選びたいですね。

 

 

 

 

 

保温

| 車内泊 |

車の中の温度は外の気温の影響を受けやすく、どうしても夏は極端に暑く冬は寒いと言った車内温度になってしまいます。別に普通に移動手段として使うだけであればそういった温度もそこまで気にする事ではありませんが、車の中に泊まる車内泊をするということではどうでしょう。暑くても寒くても寝る場所としては適しません。

 

今ではちょっとした旅行や遠出の宿泊費を浮かせる為にも車内泊をされることが多いのですが、車の中の気温をクーラーや暖房で調節しても外気の影響によって車内温度が変化する事も良くある事です。そうすると風邪もひく原因になりますし、熱中症などの原因になる事もあります。せめて真夏や真冬の時期の車内泊だけでも多少の工夫を施した方が安全で快適な車内泊を出来るのではないかと思います。

 

こういった外気の気温を遮断するためのシートも販売されていますし、レジャーシートを代用として車内のガラス部分に張っているのを何度か見た事があります。このように車内温度を調節することは非常に大切な事だと思います。しかしこういったちょっとした工夫で車内泊を快適に過ごす事が出来るのであれば活用できる物は何でも利用していくのが良いと思います。

 

 

 

 

 

電気

| 車内泊 |

車の中にいるときに自宅にいるときと同じ様に電気を使う事が出来なくて不便を感じた事はないでしょうか。携帯電話の充電器などは車用に作られたものもありますが、なんでも車で電気を使える訳ではありません。普段の自家用車での移動の際などには特に電源が利用出来ないといった事などで困る事は少ないと思いますが、ちょっとした旅行を車内泊でするといった場合には車の中でいつも通りの電気を使えない事は非常に不便を感じてしまうのではないかと思います。

 

車内泊をする際には車の中で寝るといっても睡眠を取る前には色々したい事もあると思います。そういった際に便利になってくるのが車内泊に便利に活用出来るポータブルの電源です。これは普通通りにコンセントでの家電が利用出来るのでいつも通りの電気の利用が出来る便利なものです。携帯の充電やノートパソコン、ゲームから照明までそこまでワット数が高いものでなければ普通に利用する事が出来るので車内泊にはとっておきの便利グッズではないかと思います。車内泊をする事が多い方にはある意味必需品であるとも思えます。車内泊は睡眠を取る事がメインですが、その他の面で便利で過ごす事も快適な車内泊につながるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

マット

| 車内泊 |

車内泊はいつも睡眠を取る時と違って不便な事もありますし、居心地が悪く感じる事もあります。しかしちょっとした物を用意するだけで車内泊が少しでも快適に感じる様になるのです。車内泊で居心地が悪く感じる所には寝返りがうてない、腰が痛くなるといった事があると思いますが、これは車のシートで寝る以上仕方の無い事です。

 

ここで考えるのが車のシートに一工夫を加えるともっと快適になるのではないかという事です。いつも通り自宅で寝る時には敷き布団やマットレスを利用していますが、車内泊にそういった類いの物を持ち込むという事も快適に過ごす為には良いと思います。かといって自宅で利用している布団を持ち込むには大きすぎますし使いづらいと思います。実は車内泊の際に使える道具の一つとして今では車内泊用のマットレスが販売されているのです。

 

車のシートのサイズに合った物で車内泊につきものの腰の痛みなどを改善する事ができる便利なグッズです。車内泊用なだけあって収納する際にはコンパクトにまとめる事も出来るので、生活や仕事の都合上車内泊が多い方には腰を悪くしない為や快適に睡眠をとる為にもこういった車内泊に便利な物を用意するのは良いかもしれませんね。

 

 

 

 

車内泊を快適に過ごす

| 車内泊 |

a1180_003773

 

自家用車でのちょっとした旅行や遠出、それも高速を使用して往復で相当な時間を必要とする場合、行き先での宿泊を考える事があります。しかし旅館やホテルは一泊していくには少々お金がかかり過ぎると思う事もあり、節約したいと考える事があると思います。

 

そういった際には車内泊をすることが良いですね。節約という面では車内泊は非常に良い事だと思います。旅行にかかる費用の内訳には宿泊費は結構な割合をしめるのですが、その分を浮かせる事が出来るのは良いです。ししかし当然車内泊はホテルや旅館とは違い完全にリラックスして睡眠を取れる場ではありません。シートを倒して横になり、寝返りも簡単にとる事が出来ないものです。そしてシートで寝るので腰も痛くなってしまう事も良くある事です。

 

様々な部分で見ても車内泊は結構不便な所が多いことですが、やはりホテル代の節約には必要な場合もあるでしょう。なので、ホテルや旅館とまではいきませんが、せめて不便の無い様に工夫していくと良いですね。今では車内泊にあったら便利な物が様々売られています。快適な睡眠の為から細かく必要になる物まで様々です。車内泊が多い方であればこういった物を目を通して必要なら用意しておくと良いかもしれませんね。