ゴミの問題

| トラブル |

公園や道端などでは良くゴミがポイ捨てされているのを見ることがありますが、これは人間としてのマナーではNGです。

「ゴミはゴミ箱に」と言う表示を見かけることが出来ますので、それが読めてないと言うことになってしまい後ろ指を差されかねない事になってしまいます。

道端や公園のポイ捨てされているゴミもそうですが、オートキャンプを始めとした野外活動においてはにおいては特に大量のゴミが出る方向にあります。

キャンプはテントを張ったりバーベキューをしたり釣りをしたりと言うことで、食べ物の容器だったり飲み物が入っていたペットボトル、釣りの餌が入っていた袋、バーベキューの炭の残骸などの特徴的なゴミが目立ちます。

そのゴミを片付けずに放置したまま寝てしまった結果、ゴミが寝ている間に風で飛ばされてしまい、他の人の区画に被害が出てしまってそこからトラブルになるケースも存在します。

これらを防止するためには言うまでも無く、出たゴミは大きなゴミ袋にまとめて1箇所に纏めておく、ゴミが飛ばない工夫をする、なるべくゴミを出さないように持っていくものは最小限にしておくと言うことを対策として取り、気持ちよくオートキャンプ場を使うようにしましょう。