保温

| 車内泊 |

車の中の温度は外の気温の影響を受けやすく、どうしても夏は極端に暑く冬は寒いと言った車内温度になってしまいます。別に普通に移動手段として使うだけであればそういった温度もそこまで気にする事ではありませんが、車の中に泊まる車内泊をするということではどうでしょう。暑くても寒くても寝る場所としては適しません。

 

今ではちょっとした旅行や遠出の宿泊費を浮かせる為にも車内泊をされることが多いのですが、車の中の気温をクーラーや暖房で調節しても外気の影響によって車内温度が変化する事も良くある事です。そうすると風邪もひく原因になりますし、熱中症などの原因になる事もあります。せめて真夏や真冬の時期の車内泊だけでも多少の工夫を施した方が安全で快適な車内泊を出来るのではないかと思います。

 

こういった外気の気温を遮断するためのシートも販売されていますし、レジャーシートを代用として車内のガラス部分に張っているのを何度か見た事があります。このように車内温度を調節することは非常に大切な事だと思います。しかしこういったちょっとした工夫で車内泊を快適に過ごす事が出来るのであれば活用できる物は何でも利用していくのが良いと思います。