持ち物について

| 方法 |

オートキャンプでも普通のキャンプでも持ち物は同じキャンプでありますから基本的には変わりません。
持ち物はどちらともアウトドア用品が中心となります。

キャンプと言えば日帰りのキャンプもありますが、大抵が1泊2日だったり2泊3日であったりと言う宿泊を前提としたプランで日程を組む事が多いので、宿泊に関して食事に使う食材の量であったり持ち物も合わせていかなければなりません。

主な持ち物はまず宿泊用のテント、それから食材、飲み物がまず必要です。次に移動用のワンボックスであったりミニバンであったりと言った大きな車も一種の持ち物としてオートキャンプには必要です。

またロープがあれば、ピンと張っておけば物干し竿の代わりになりますし、それに加えてハンガーがあればなおOKであると言えます。

それから新聞紙があれば火をつけるための着火材だったり汚れを拭き取ることにも使えるものとして活躍しますし、バーベキューをするならバーベキューコンロが要りますが、火を直接地面で燃やすことが出来ない場合には日を使うために台としても利用出来ます。

後は飲み物を保存しておくためのクーラーボックスやペットボトル、怪我をしたときなどの救急セットなどもあると良いでしょう。