騒音について

| トラブル |

公共の施設においては大抵の場合においてそうですが、騒音の問題が持ち上がってきます。

レストランしかり浴場しかり、ホテルしかりなどといったところにおいて大声を出しすぎたり騒ぎすぎたりすることは御法度であるとも言えます。

人に迷惑がかからないような場所、周りに人がいない場所などであれば騒いでもOKというところも存在しますし、ホテルや旅館などでは限度を超えない限りは部屋の中で騒ぐのも認められていることがあります。
ただしくどいようですがあくまでも騒ぎすぎはNGですし、そうしたところからトラブルになることは十分にあります。

オートキャンプにおいてもこの理論は同じですが、なにぶん野外での活動になるために騒ぎたくなる気持ちが大きくなりがちです。
しかしキャンプ場はあくまでも公共の施設であるために、昼間に騒ぐのは構わないとしても夜、近くのテントで寝ている人などが居るのに大声を出したり音楽をかけっぱなしにしたりするのはこれもNGです。

これは普通のキャンプでもオートキャンプでもまったく同じことですし、人として最低限のマナーでもありますので騒音に関しては特に気をつけると言う形で守らなければいけませんので注意が必要になります。